これからの英語は「読む」「書く」「話す」「聞く」の4つの技能がバランスよくできるかが求められます。今までは文法中心だった学校の授業や受験対策も改善されていきます
これからますます国際化する社会で生きていく子供たちにとって
この4技能がバランスよくできていることが必然になってきます。

「あお葉ゼミナール」ではお子様の小学校での英語必須化に伴い「読む」「聞く」「書く」「話す」の4つを小学校身に付けさせる勉強方法を取り入れています。
子供を英語塾に通わせようと考えている人も最近は多、小学生の子供に合う英語塾はどのように見つければよいか迷われている親御さんも多いと思います
まずは「通塾する目的」を明確にする必要があります
中学生なら高校受験、高校生なら大学受験と目標があるため目的も定まります
小学生英語の場合は大きく分けて2つの目的があると思います
一つは「英語が話せるようになる」もう一つは「中学校の授業についていけるようにする」が一般的です。
英語を話せるようになれば中学の授業についていけると考えがちですがこの2つはまったくの別物です
例えば会話ができても文法を正しく理解できていなければ英語の授業にはついていけないし逆に文法は理解できているからって英語が話せるわけではありません。
「英語が話せるようにすることが目的」ならば英会話が中心の塾になるし「中学校に上がった時に英語の授業についていけるようにすること」が目的なら単語や文法を中心にした英語塾を選ぶべきでしょう。
「あお葉ゼミナール」では小学校の低学年は英会話そして高学年になれば中学校の授業を見据えた授業展開を行っています

 

全てを見据えた英語授業の展開を行っていますので
ご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
『伸び盛りの新芽を大きく育て上げる塾』
あお葉ゼミナール

087-814-7112